ノルバスクって知ってますか?ノルバスクは心筋や冠動脈を収縮させるカルシウムの作用を抑える効果があるため、カルシウム拮抗薬とも呼ばれています。当サイトではノルバスクの効果や副作用、通販情報をお届けいたします。

  • ホーム
  • ノルバスクの効果と副作用は?

ノルバスクの効果と副作用は?

パソコンを見ている女性の医者

ノルバスクはアムロジピンを有効成分にした降圧剤のひとつで、高血圧や狭心症の治療に使用されます。
カルシウム拮抗薬に分類され、細胞内にカルシウムが流入するのを防ぐことで、血管平滑筋の収縮を抑え、血流量を増加させて血圧を下げる効果があります。
高血圧は自覚症状がないことが多く、健康診断によって発覚することがほとんどです。

心筋梗塞や脳卒中の原因となり、放置すると動脈硬化になって命の危険にもさらされるので、早めの対処が必要となります。
ノルバスクは血糖、尿酸、脂質に影響がなく比較的安全に使用できることから、高血圧の治療では第一選択となっています。
服用すると6時間ほどで血中濃度はピークに達し、その後は緩やかに効果が持続することから副作用が少ないとされます。
血中半減期が36時間と長く作用することから、1日1回の服用で効果が期待出来るため、飲み忘れも少なく管理しやすい点が特徴となっています。

また、これまでの降圧剤は短い時間でしか効果が現れなかったため、朝の血圧の変化に対応できませんでしたが、ノルバスクは1日以上の効果が見込めるので、日中でも問題なく生活できるようになります。
血液の巡りが良くなることから、頭痛やめまいなどの副作用が現れますが、使用を続けていくと体が慣れていきます。
血圧を低下させるためには長期的な服用が必要なため、むくみや歯肉の腫れといった副作用が現れることがあります。
血液から水分がにじみ出ることでむくみが起こるので、軽くマッサージやストレッチをするほか、歯肉の腫れは歯を覆うほど大きく腫れることもあるので、適度にブラッシングするようにしましょう。
肝臓から代謝されるため長期服用による肝機能障害、鼻血や歯肉出血などの出血障害も出る可能性があります。
これらは滅多に現れるものではありませんが、体に異常を感じたら医師に相談するようにしましょう。

関連記事